HOME › 木太町マップ › うどん屋

うどん屋

はなまるうどん 木太店
 本場さぬきうどんのスタイルのいち早く全国に広めた『はなまるうどん』。その第1号店がこの木太店だってご存知でしたか?「うまい、やすい、うれしい」をモットーにうどん屋さんだらけの高松市でも今なお愛され続けています。  時期ごとの新作メニューも魅力的ですが、一番は店員さんのはなまる笑顔が気軽に入れる雰囲気のお店として人気がある理由じゃないでしょうか。
天野製麺所
 のれんをくぐるとおばあちゃんが笑顔で迎えてくれるお店、それが『天野製麺所』です。昭和8年創業から現在3代目の大将は、昔ながらの味付けを忠実に守り続けているおじいちゃん。老舗製麺所だけに、今でも病院やお店にうどんをおさめに行くことのほうが多く、それだけ長い間愛されているのがひしひしと感じられます。  うどんを食べながら、懐かしい気分に浸ってみませんか?
うまげ屋
 平成22年の11月にオープンした『うまげ屋』。お店の看板にもあるように肉系のメニューがリーズナブルな値段で食べられるので、ガっツリ食べたいと思ったら是非お勧めです。   しょう油屋と給食センターが親会社で直接食材を仕入れているのでおでんも1品50円と、毎日通っても財布に優しいうどん屋さんです。
黒田屋
なにしろ朝6時まで営業しているのが魅力!夜にちょっと小腹がすいたなと思った時に気軽に行けるのがうれしい『黒田屋』さん。仕事帰りにちょっとうどんでも食べたいな・・・そんな時のうどん県民のオアシスです。
おしん
パチンコ店の駐車場の一角にある『手打ちうどん おしん』。お店に入ったら棚にある丼をとって自分で麺を温める完全セルフのお店です。  初めて入ったお客さんは少し戸惑うけれど、あっさりとした薄口のだしは、“これぞさぬきのかけうどん”といった感じです。
ふるかわうどん
「常に気持ちのいい場所でお客さんにうどんを楽しんでほしい。」と答えるのは、『ふるかわうどん』大将の古川正則さん。昭和45年に八坂神社そばにお店を構えてから40年あまり、現在は奥様・2代目と共に家族でお店を開いています。  そんな大将の作るかけうどんは、もちもちした麺とカツオブシ、ウルメイワシ、サバの風味のだしが組み合わさった逸品で、ダシを一滴も残さず飲んでいくお客さんが後を絶たないそうです。
根っこ
 琴電木太東口駅から南へ徒歩5分、長尾街道沿いに大きな黒い看板があったらそこが『根っこ』です。昔から木太町の人たちに愛され続けていて、今でも朝からお客さんがならんでいます。  麺には特にこだわりが強く、コシの強さと柔らかさが同居する不思議な食感が魅力です。
うどん棒 木太店
交通量が多く、全国チェーンの飲食店が軒を連ねる県道沿いに『うどん棒』木太店はあります。創業18年の店内は、フルオーダーで初めての人でも安心して、注文できるようになっています。特にタコのてんぷらのせて食べる冷ぶっかけがサクサクプリプリの食感と冷たいうどんがマッチして絶品です。
さぬき手打ちうどん「やまと」
数々の有名うどん店で修業してきた店主は、平成18年に自分のお店をオープンしてからも木太町に合ううどんを追求しています。麺をその場で『伸ばして、切って、ゆがく』がモットーだそうです。 元祖オムたまうどんⓇをはじめ、趣向を凝らしたうどんも多く、店主のうどんに対する探究心はとどまるところを知りません。

このページの先頭へ